着情報

着情報

学生の皆さんへ 「緊急事態宣言再発令に伴う本学の対応について」

2021.01.12

学生の皆さんへ

 大学を卒業するまでは一生に一度しかない大変貴重な時間であり、学生の皆さんの貴重な経験の機会を奪うことのないように、また、対面コミュニケーション力の育成・向上はより良い就職のために絶対に欠かせないという考え方から、本学ではしっかりとした感染症対策を行いながら、できる限り入学前に皆さんにお約束した教育プログラムを提供すべく努力してきました。

 本館入口でのアルコール消毒の徹底と自動検温カメラシステムでの検温チック、基礎ゼミナール前の体温計による全員個別検温の実施、各教室・食事場所にプラズマクラスター空気清浄機を設置、既設の換気システムをフル稼働させることはもちろんのこと、サーキュレーターで廊下に空気を排出することでの追加換気、また、各教室前にもアルコール消毒液を設置、各化粧室には自動ソープディスペンサーとペーパータオルを設置して日常的に手指消毒の徹底をお願いしてきました。各食事場所は清掃業者により毎日テーブル消毒を実施、大型加湿器の設置や飛沫防止パーテーションを可能な限り設置し、マスクを外すことに伴う飛沫感染防止にも最大限努めています。教室の机、各出入口のドアノブなど学生の皆さんが触れる機会が多い箇所も毎日消毒を実施してきました。

 そのような中、1月8日から2月7日を期間として、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(1都3県)を対象に緊急事態宣言が再発令されました。文部科学省の「大学等における授業の実施については、感染対策をより慎重に講じた上で面接(対面)授業の実施が適切と判断されるものについては、引き続き実施を検討する一方で、感染防止の徹底と面接(対面)授業と遠隔授業を効果的に活用した質の高い学修機会の確保の両立が重要」との方針に則って対応します。

 つきましては、1月15日から2月4日の終講までの期間、対面授業を指定した科目以外の授業について、一定の要件を満たす希望学生からの申請により、新たに導入した授業収録システムでのオンライン(録画配信)受講により、オンラインと対面を併用した授業方式に戻すことを決定しました。

  なお、下記にて緊急事態宣言発令に伴う本学の対応及び学生の皆さんに必ず守っていただきたい行動を示しますので、一人一人が行動の徹底にご協力をよろしくお願いいたします。

・不要不急の外出を避け、特に20:00以降の外出自粛を徹底願います。
・自宅を含め、同居家族以外との会食及び宿泊を伴う旅行を自粛願います。
・感染拡大防止の観点から、原則として緊急事態宣言期間中は全てのアルバイトを禁止します。

 新型コロナウイルス感染症の一刻も早い沈静化を願っております。

令和3年1月12日
 国際短期大学 
 学長 高木明郎

一覧へ戻る
  • 記事カテゴリーから選択
  • 月別アーカイブから選択