型コロナウイルス
感染症対策

型コロナウイルス
感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策|安心・安全のための取り組み

国際短期大学では、学生および高校生を含めた来校者すべての方の安全を最優先に考え、次のような取り組みを実施しています。

入館時検温の徹底

AIサーモグラフィーカメラ(自動検温装置)を設置し、入館時に検温チェックを実施しています。
アラームが鳴った学生(37.5度以上)は、再度体温計で検温し、熱や新型コロナウイルス感染症に関する諸症状がある場合は自宅待機することをルールとし、徹底しています。
また、感染拡大期には学生、教職員、来校者すべての方に対し、体温計による個別の検温を実施します。

  • アルコール消毒液の設置

    本館入口をはじめ、各教室前、学生ホール、ラウンジ、事務窓口、教職員執務スペースなどに自動アルコールディスペンサーを設置し、日常的に手指消毒の徹底をしています。

  • 化粧室の対応

    各化粧室には自動ソープディスペンサーとペーパータオルを設置し、手洗い慣行の徹底を促しています。また、便座クリーナーも設置し、感染を徹底して防ぎます。

  • マスク着用の徹底

    マスクのない学生には、事務窓口で無料配布を行っています。学生、教職員、来校者すべての方に対して、マスク着用を徹底しています。

  • 校舎内の換気の徹底

    建築基準法上の通常換気システムをフル稼働させていることに加え、各教室や食事場所では新たにプラズマクラスター空気清浄機設置と空気排出を増強しています。さらに、廊下に排出された空気を大型送風機で館外に強制排気しています。

  • 大型加湿器の設置(冬期)

    学校内で飲食のために利用される場所には大型の加湿器を設置し、食事の際の飛沫を抑制させる対策を取っています。

  • 館内消毒の徹底

    教室の机や椅子、各出入口のドアノブ及びエレベーター内のボタン、食事場所のテーブルや椅子は、毎日清掃業者による消毒を実施しています。

  • アクリル板・パーテーションの設置

    飛沫防止のため、食事場所やコミュニケーションラウンジ、学生ホール、事務窓口などにアクリル板や飛沫防止パーテーションを設置しています。

  • 学生への呼びかけ

    手指消毒、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保など、基礎ゼミナールを通じて学生の意識を高め、さらに学内・オンライン掲示板、入口の掲示・のぼりで注意喚起をしています。

  • 授業収録システム

    教室で行われる授業を録画配信するシステム。オンライン授業などに役立てます。

  • Silent Space の設置

    新型コロナウイルス感染症への不安が大きい学生のためにSilent Spaceを設置しています。他の学生と離れて食事することのできるスペースです。

新型コロナウイルス感染者の発生について

本学における新型コロナウイルス感染者発生について