業生メッセージ

業生メッセージ

客室乗務員への道が開いたエアラインの授業。Team ANAの思いを胸に乗務にあたっています。

国際短期大学卒業生

全日本空輸株式会社 勤務
玉城 星怜(2018年3月卒業)

客室乗務員として国内線・国際線の両方に乗務しています。フライトごとにサービス基準、機内仕様、機内販売の商品等が異なるため、日々の勉強は欠かせません。また旅行や出張などご利用背景に合わせ、お客様に寄り添ったサービスを心がけています。客室乗務員をめざしたのは在学時代のエアラインの授業がきっかけでした。さまざまな職種の連携によって飛行機が飛ぶことを知り、チームワークの仕事に強く惹かれました。すぐに職種研究を始め、積極的に空港研修に参加しました。短大の2年間はあっという間です。諦めないこと、努力することを忘れずに、目の前のことに精一杯打ち込んでください。空の上で待っています!

在学時代の接客に関する学びを活かしながら社会人としても女性としても成長できる職場です。

国際短期大学卒業生

株式会社ヴァンドームヤマダ 勤務
小須田 真衣(2019年3月卒業)

ジュエリー業界に興味を持ったのは、在学時代のブライダルの授業での学び。ハイブランド商品であり、お客さまの特別な瞬間に立ち会い、その人生に深く関わることができる点が魅力的でした。接客で大切にしているのは“ほどよい距離感”です。お客さまの様子や会話からご要望を汲み取り、柔軟な対応を心がけています。留学や授業で身につけた英語力や、異文化コミュニケーションに関する知識は、外国人のお客さまへの接客で活かされています。常に見られている職場なので言葉遣いや内面、外見も磨きながら社会人としても女性としても成長できる職場です。経験を重ね、将来は地元の店舗で店長になることが目標です。

大学生活で身につけた伝わる会話の力で、お客さまの人生に寄り添っていく。

国際短期大学卒業生

第一生命保険株式会社 勤務
黒川 莉奈(2019年3月卒業)

生命保険会社の営業として担当する企業さまのオフィスに通い、保険に興味を持ってくださった従業員の方に当社の商品のご紹介をしています。一人ひとりに合った商品をご提案するには、お客さまの人生の深い部分までお話をうかがう必要があります。しかし初対面である私にそこまで本音を教えてくださる方はいません。打ち解けるために必要なのは、私自身が自己開示して言葉を交わすこと。学生時代にプレゼンテーションの授業などで、説得力ある話し方を学んだことがここで役に立っていると感じます。お客さまの人生に長く寄り添っていくのが保険の役割。緊張感を忘れず、丁寧に向き合っていきたいです。

英語を通して、海外からのゲストにも想いを伝えることができる喜びがあります。

国際短期大学卒業生

株式会社ミリアルリゾートホテルズ 勤務
宮脇 せいら(2019年3月卒業)

人と関わることが好き。その好きなことを通して人を笑顔にすることができるのはホテルの中でもミリアルリゾートホテルズであると考え、この会社を選びました。今はゲストサービス課に所属し、お泊まりになるゲストのお荷物を運んだり、隣接するパークのチケットをご用意するなど、ホテル滞在の時間を快適に過ごしていただくためのお手伝いをしています。海外からのゲストも多く、英語で対応することもあります。学生時代に習熟度別に分けられたクラスで、ネイティブの先生の指導を受けながらしっかり英語力を磨いてきた経験が、ホテルという仕事の現場で活きていると実感しています。ホテルの仕事は毎日が勉強と発見の連続です。人との出会いが私自身を成長させてくれます。