業生メッセージ

業生メッセージ

客室乗務員への道が開いたエアラインの授業。Team ANAの思いを胸に乗務にあたっています。

国際短期大学卒業生

全日本空輸株式会社 勤務
玉城 星怜(2018年3月卒業)

専門訓練を経て、客室乗務員として国内線・国際線の両方に乗務しています。フライトごとにサービス基準、機内仕様、機内販売の商品等が異なるため、日々の勉強 は欠かせません。また旅行や出張などご利用背景に合わせ、お客様に寄り添ったサービスを心がけています。客室乗務員をめざしたのは在学時代の授業がきっかけでした。さまざまな職種の連携によって飛行機が飛ぶことを知り、チームワークの仕事に強く惹かれました。すぐに職種研究を始め、積極的に空港研修に参加しました。短大の2年間はあっという間です。諦めないこと、努力することを忘れずに、目の前のことに精一杯打ち込んでください。空の上で待っています!

大学で習得した「接客における実践力」は私にとって、大きな自信になっています。

国際短期大学卒業生

株式会社ワコール 勤務
長谷川 華奈(2017年3月卒業)

多種多様なインナーウエアなどの中から、お客さまのご要望やお好みに合わせた提案を行う店頭での販売業務は、簡単ではありません。からだの経年変化やデザイン、素材などの深い知識にもとづいた「根拠ある提案」が求められるからです。でも、難しいからこそ成長意欲が刺激され、お客さまが喜んでくださったときの感動は想像以上に大きいのです。先輩から多くを学びながら挑戦を続ける毎日ですが、在学中に習得したマナーやホスピタリティスキルはとても役立っています。入社前に接客における実践力を得たことは、私の大きな自信となり、強みになっています。

在学中にしっかり身につけたビジネスマナーが、接客を行う上での土台になっています。

国際短期大学卒業生

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 勤務
福澤 舞(2017年3月卒業)

住宅設備の商品を扱うショウルームで、お客さまへのご案内やプランのご提案などを行っています。商品の種類が豊富なので業務の合間にカタログを読み込んで覚えたり、先輩方の接客を観察したりして日々勉強しています。入社直後の研修では、緊張からご案内がうまくできないこともありました。しかし経験を積むにつれて、少しずつ気持ちに余裕を持って接客できるようになり、自分でも成長を感じます。在学中に勉強した接遇やビジネスのマナーは、お客さまと接するときのしっかりした土台になっていると思います。今後は自分が扱える商品の幅を増やし、多様なご提案ができるようになりたいです。

誰が聞いても分かりやすい伝え方。授業で学んだこの力でお客さまに“ちょうどいいサービス”を

国際短期大学卒業生

株式会社山の上ホテル 勤務
髙野 陽輔(2018年3月卒業)

1954年にお茶の水に開業した山の上ホテル。この老舗ホテルでベルとドアの担当として、エントランスやロビーでお客さまをご案内しています。ご宿泊だけでなくお食事や会議、結婚式などさまざまな目的で来館されるお客さま。求められているサービスを素早く察知して、時には丁寧に時にはシンプルにと臨機応変な対応を心がけています。在学中にゼミでのスピーチやイングリッシュラウンジでの英会話を経験したおかげで、人前で話をする度胸がつき、お客さまにも分かりやすく要件を伝える力がつきました。今はまだ先輩たちのサポートを受けながら仕事をしていますが、早く一人前になって自分の仕事に責任を持てるようになりたいです。