差別感戦略と企業イメージNo.3

2022.09.12

3日目はハイランドリゾートホテル&スパにて富士急ハイランド、ホテル、ブライダル、宴会のそれぞれの担当の方からお話を伺い、チャペルや宴会場、キャラクタールーム、屋上の見学をさせていただきました。



富士急ハイランドは、富士山が世界遺産に登録された時から「“旅の目的地”ではなく、“旅の立寄り所”として利用してもらえるようにした」と知り驚きました。
またチャペルからも宴会場からも外の景色がとても綺麗に見えます。富士山の美しい景色の中で結婚式や披露宴を挙げたいという方が多いため、景色をフル活用して行っているそうで地域の人はもちろん遠方の人にも喜んでもらえると思いました。
キャラクタールームは、どの部屋もコンセプトがしっかりしていて、キャラクターが好きな人には堪らない部屋になっています。とても人気で予約は1年くらい前からでないと取れないそうです。私はNARUTOルームに泊まりたいので頑張って予約を取ろうと思います。

今回の研修で、屋内テーマパークと屋外遊園地の研修とパーク体験を通じてそれぞれの強みと弱みを体感しました。
また2つのホテルに宿泊し各部門の魅力と付加価値を見出すことができました。
私はインターンシップで食品スーパーマーケットの仕事をさせていただいたのですが、日常と非日常双方の接客サービスを学ぶことが出来ました。

研修後2日間の事後授業があり、研修のまとめをしてパワーポイントを作成し、みんなの前でプレゼンテーションをしました。同じ研修を受けても学んだことは人それぞれで意見共有によって、客観的に捉えることが出来ました。

今回の研修では普段絶対見ることが出来ないところを見たりお話を聞いたりとても貴重な経験になりました。
この経験を就職活動に活かせるように私生活から見直していきたいと思います。
また、今後の初年次研修などで更に就職について深めていきたいです。

< 差別感戦略と企業イメージNo.2